タグ別アーカイブ: beatmania IIDX INFINITAS

SnapCrab_NoName_2016-1-8_18-23-3_No-00

Arduino LeonardoでINFINITAS用の変換器を作る

この記事に書いてある内容を実践するにはほんの少しの電子工作スキルとプログラミング(C言語やその派生)の基礎知識が必要になります。

beatmania IIDX INFINITASがサービス開始して1ヶ月経ちますが、未だにキーボード入力にしか対応しておらず、ゲームパッドとして認識するPS2のコントローラーをUSBに変換する変換器の多くが直接使えません(ゲームパッドとして認識するUSB接続対応の専コンも)。
そこで、専用コントローラーでプレーしたい方はJoyToKeyやJoyAdapter等のフリーソフトで変換器などからの入力をキーボード入力に変換してプレーしてることと思います。追記:JoyAdapterと違ってJoyToKeyはシェアウェアです。まあ半分カンパウェアっぽいとこもあるけど・・・。自分もそろそろ買おうと思ってたところだけど、実際のところどれくらいの人が買ってるんだろうね?2016/01/08 23:14
しかし、これには欠点があって、変換する過程で遅延が発生するとされ、その遅延にバラつき(俗にいう「判定のブレ」に繋がる)があることも報告されています。

この記事は、「そういうことならHIDキーボードとして認識する変換器を作っちゃいましょう」、というモノになります。どっかにボソっとArduino Leonardoで変換器を作ったとか書いたことがあったっけ。

作った結果を先に書いてしまうと、Realforceよりも低遅延で、7つ以上の同時押しにも対応することができました。

続きを読む

winxp

Windows XPでIIDX INFINITASをした

アイキャッチ画像はXPのペイント相当の機能だけ使って描きました。

beatmania IIDX INFINITASをWindows XPで起動しました。ええ、起動しましたとも。まず最初に注意点幾つかを述べましょう。

  1. Windows XP時代のハードウェアでは動かない。少なくともVista初期あたりでないとCPUが対応していない。
  2. Windows XPで動かすにはダミーのdwmapi.dllが必要
  3. Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージのインストールが必要

続きを読む

SnapCrab_NoName_2015-12-24_17-16-45_No-00

PC版弐寺 beatmaniaIIDX INFINITAS 音ズレと遅延の対処法

KONAMIの音楽ゲームbeatmania IIDXの家庭用(?)最新作としてサービス中のbeatmania IIDX INFINITASですが、バックトラックと譜面がズレる現象が各所で報告されています。
その考えられる原因と有効であろう対処法をまとめてみました。
また、プレーする上で重要な遅延をなるべく少なくする方法も思いつく限り書いてみました(記事の後半)。

続きを読む