SnapCrab_NoName_2015-12-24_17-16-45_No-00

PC版弐寺 beatmaniaIIDX INFINITAS 音ズレと遅延の対処法


KONAMIの音楽ゲームbeatmania IIDXの家庭用(?)最新作としてサービス中のbeatmania IIDX INFINITASですが、バックトラックと譜面がズレる現象が各所で報告されています。
その考えられる原因と有効であろう対処法をまとめてみました。
また、プレーする上で重要な遅延をなるべく少なくする方法も思いつく限り書いてみました(記事の後半)。

原因1:ディスプレイ(モニター)のリフレッシュレートが60Hzでない

※リフレッシュレートの違いによる音ズレは現在起こりにくくなっています。リフレッシュレートを60Hzにすることによってティアリングや遅延が減ることもあるので、そういった問題が発生した時に参考にしてください

まず第一にこれを疑いましょう。ゲーミングモニターやブラウン管モニター(CRT)を使ってる人は特に!あとテレビに繋いでる人も!

IIDXの譜面スクロール速度は画面のリフレッシュレートに依存してるようなので、リフレッシュレートが60Hz以外の環境だと譜面と音がズレることがあるそうです(ACでも同様の現象が起きる?)。

まず、画面のリフレッシュレートとは単位時間あたりの画面の書き換え回数のことです。単位はHzで表すので、1秒間あたりに画面を何回書き換えるか?というものです。1秒間あたりのフレーム数とも言えるでしょう。ブラウン管では垂直同期周波数と言ったりもします。
近年では「120Hz駆動」や「144Hz駆動」を謳っているゲーミングモニターがよく出回っています。これらは一般的なモニターのリフレッシュレートが60Hzなのに対し、その倍以上の120Hzや144Hzで画面の書き換えを行うことができて、動きの激しいゲームがよりなめらかに見えるというものです。
また液晶モニターでなくても、ブラウン管モニターでも60Hzより高いリフレッシュレートを使っている場合があります。ブラウン管モニターはリフレッシュレートを上げたほうがちらつきが少なくなって見やすくなるからです。

しかし、弐寺はリフレッシュレートが60Hzじゃないとうまく動かないので、リフレッシュレートを60Hzに設定してやりましょう。

Windows 10の場合

  1. デスクトップの何もないところで右クリックし、「ディスプレイ設定」をクリックSnapCrab_NoName_2015-9-5_11-43-11_No-00
  2. 設定が表示されるので、下にスクロールし「ディスプレイの詳細設定」をクリックSnapCrab_設定_2015-9-5_11-43-18_No-00
  3. 下にスクロールし、「3D 表示モード」がオンになっている場合は念のためオフにする
  4. アダプターのプロパティの表示」をクリック
    SnapCrab_設定_2015-9-5_11-44-0_No-00
  5. ここからはWindows 7/8と同じなので「Windows 7/8/8.1の場合」の手順3へ進んでください。

Windows 7/8/8.1の場合

  1. デスクトップの何もないところで右クリックし、「画面の解像度」をクリックSnapCrab_NoName_2015-9-5_11-10-9_No-00
  2. コントロールパネルが表示されるので、「詳細設定」をクリックSnapCrab_画面の解像度_2015-9-5_11-10-28_No-00
  3. ディスプレイのプロパティが表示されるので、「モニター」タブをクリック
  4. 画面の「リフレッシュレート」プルダウンメニュー(120 ヘルツとか書いてあるとこ)で60 ヘルツ選択
  5. 「OK」を押してプロパティやコントロールパネルを全て閉じる
    SnapCrab_BenQ XL2420T (HDMI) および Intel(R) HD Graphics 5500のプロパティ_2015-9-5_11-18-15_No-00

30 ヘルツ(インターレース)だとどうなるんだろう・・・
テレビなどで60 ヘルツが項目に存在しない場合解像度を1280×720に落としてみてください。

Intel HD Graphics搭載のノートPCでバッテリー駆動時に音ズレする場合

バッテリー駆動時に自動でリフレッシュレートを下げてバッテリー駆動時間を長くしようとするノートPCがあります。ACアダプターを外した瞬間画面が一瞬真っ暗になるのがそれです。

しかし、勝手にリフレッシュレートを下げられては困るので、自動でリフレッシュレートを下げないようにしましょう。てかそもそもバッテリー駆動で普通弐寺しないからどうでもいいよね。これでいつでもどこでも弐寺できるぞ!ポップンミュージックポータブルみたいに!

需要無さそうなので簡潔に・・・

デスクトップの何もないところで右クリック→グラフィックス・プロパティー→電源→左上の下矢印をクリックして「バッテリー駆動」をクリック→「ディスプレイ・リフレッシュ・レートの切り替え」を「無効」にして適用して閉じる。
SnapCrab_Intel(R) Graphics Control Panel_2015-9-5_12-49-50_No-00

原因2:60ヘルツにしてるけど実は59.97ヘルツくらい

NTSCに準拠したテレビが59.97Hzだった名残から、デジタル液晶テレビやHDMI搭載液晶モニターなどはリフレッシュレートが59.97Hzだったりします。しかし、PCモニターの多くは60Hzだったので音ズレが発生します。

グラフィックボードのメーカーによって解決方法が違うので、59Hz病+グラフィックボードのメーカー(NvidiaやAMD、Intelなど)で検索すると解決方法が見つかります。

また、HDMIやDVIを使わず、ミニDsub-15ピン(VGA)で接続することでも解決できるかもしれません。

原因3:動作が重たい

単にPCのスペックが低いからということもありますが、常駐ソフトなどを停止することで改善することも多いでしょう。動作環境にCPU 2.5GHz以上必須と書かれていますが、満たされていないからと言って諦めるのはまだ早いです。どうせACの弐寺なんてシングルコアのCeleronか何かだろうし。

要チェック!iTunes関係の常駐プログラムやサービスは何故かとてもCPUやメモリを食います。
iTunesの常駐プログラムの止め方はここでは触れません。「iTunes 常駐 停止」といった検索ワードで探してみてください。ちなみに私の環境ではよくdistnoted.exeが無操作でCPUを20%くらい食ってます。

関係ないソフトはなるべく閉じておく

Webブラウザを閉じておくだけでも効果はありますよ。

タスクトレイに常駐している不要なソフトは終了させておこう

タスクトレイにはセキュリティソフトやコミュニケーションツールなど様々なソフトのアイコンが並んでいますね。その中で自分が今必要ないと思ったものをアイコンを右クリックして終了させておきましょう。セキュリティソフトを停止させるのはセキュリティの観点からあまりよろしくないため避けるべきです。

SnapCrab_NoName_2015-9-5_15-25-48_No-00

動画を取る時

キャプチャソフトは基本的に重たいものです。なのでそれによって音ズレが引き起こされることもあるかもしれません。そんな時はキャプチャ解像度やフレーム数、コーデック等を変えたり、キャプチャソフト自体を動作が比較的軽いものに変える事を考えてみましょう。記録時のフレームレートを変更するのは問題ありませんが、ゲームのフレームレートを制限するような設定を有効にするとほぼ確実に音ズレが発生します。

原因不明:よくわからないけど垂直同期の設定変えたら解消した!

環境によって違うようですが、グラフィックドライバの設定で垂直同期をオンにしたりオフにしたりすることで音ズレが解消されたという報告が多く上がっています。

音ズレの考えられる原因と対処法はここまでです。続いては遅延を減らす方法ですが、もしかしたら音ズレを無くすためのヒントが隠れているかもしれないので参考までに。

遅延対策 ~遅延を少なくするために~

遅延があるとタイミング良く押したつもりでも判定がGOODや黄色いGREATになってしまします。

遅延は色々なところで発生します。ここでは入力デバイス・音声・映像それぞれの遅延を減らす方法をお伝えしたいと思います。中でも入力の遅延は特に減らしたいところです。

PCの遅延を減らす詳しい方法についてはBMS関連のサイトが強いので、使える情報はどんどん使っていきましょう。

入力デバイスの遅延の解消

「キーボードやコントローラーのボタンを押した」という信号の遅延は、判定と演奏音に影響します。入力デバイスの遅延があると変な癖がつくこともあります。

  • キーボード・コントローラーをPC本体に直接接続する
    USBハブを通して接続すると、信号が僅かに遅延します。なのでモニターに付いたUSBポートやUSBハブを使用せず、PC本体に直接接続しましょう。
  • ワイヤレスキーボードを使わない
    ワイヤレスキーボードの多くは有線キーボードに比べると遅延あります。Bluetoothキーボードなんてもってのほかです。
  • キーボードも物によって遅延の度合いが違う
    気にする程ではありませんが、キーボードのメーカーや型番によって遅延の度合いが違うことがあります。家中のキーボードを片っ端から試してみるというのも面白そうです。
  • PS2用専用コントローラーを使う時は低遅延なコンバーターを使う
    PS2のコントローラーをPCに接続するためのコンバーター(変換器)は数百円~千円台で買うことができますが、メーカーや型番によって安定性や遅延の度合いが大きく異なるそうです。
    IIDXのように複数のキーを激しく連打するゲームでは無反応が起きてしまうコンバーターもあるので、通販サイトのレビューやBMS関連の記事を参照してみましょう。
  • JoyToKeyの設定を見直す、他のソフトを使う
    2015/12/24現在、IIDX INFINITASはゲームパッド系のデバイスには対応しておらず、基本的にキーボードからの操作のみを受け付けます。そのため、専用コントローラーを使う場合はJoyToKeyなどのゲームパッド系のデバイスの操作をキーボード操作に変換するツールを使うことになります。この過程でかなりの遅延が発生するのですが、JoyToKeyの全体設定で「内部処理速度」を「処理速度16倍速」にすることで遅延が少し減ります。JoyToKeyではなく、JoyAdapterの方が遅延が少ないとの報告もあるので、こちらも試してみるといいでしょう。

PS/2接続のゲーミングキーボードは普通のキーボードよりもスキャンレートが高くレスポンスが早いとされています。IIDXのプレイにどれだけ影響するか調べてみたいですね。

遅延とは関係ありませんが、ゲーム向けを謳ったキーボードには3つ以上の同時押しが難なく反応するものが多いので、キーボードでプレイする場合はできればそういったキーボードを使いたいところです(1000円台から購入可能)。

音声の遅延

音声が遅延すると、演奏音が遅れて聞こえて演奏感が薄れるだけでなく、リズムが取りにくくなることにもつながります。

  • ホームシアターやサラウンドスピーカーなどの大掛かりなシステムに接続しない
    持っていないので実際のところはわかりませんが、遅延ありそうです(?)
  • エフェクトや仮想サラウンドを使わない
    コントロールパネルなどから設定できるエフェクトのことです。
  • ソニーのヘッドホンのデジタルノイズキャンセリングを使わない
    私はソニーのノイズキャンセリングヘッドホンを使っていますが、ノイズキャンセリングをオンにすると若干遅延があります。
  • テレビでプレイする場合、音声をテレビから出力しない
    映像の遅延が多いテレビでは音声も同時に遅延させてタイミングを合わせていることが多いです。映像の遅延は仕方ないとしても、音声の遅延はスピーカーやヘッドホンをPCに直接接続するなどして簡単に改善できるのでやっておきましょう。
  • Bluetoothヘッドホン/スピーカーを使わない
    Bluetooth接続ではまともにプレイできないほど遅延が発生することが多いです。「スマホの音ゲーアプリに最適なヘッドホンはコードが邪魔にならないBluetooth接続のワイヤレスヘッドホン!」なんていう記事を見た時はビックリしました。
  • Windows XPでプレイする
    基本的にINFINITASはWindows XPでは起動しません。Windows Vista以降にしかないライブラリ(dwmapi.dll)が使われている(本当に使われているのか?)ので起動しませんが、何もしない関数を宣言してコンパイルしただけのダミーのdwmapi.dllを置いてやると普通に起動します。C言語とかWin32APIとかわかる人はDependency Walkerでも使って依存関係調べて作っちゃえばいいんじゃないですかね。しかし、Microsoftによるサポートが終了し、セキュリティパッチの提供もされなくなったWindows XPを使うのは安全ではないのでオススメはできません。XPを新規にインストールして更新プログラムを一通り入れた状態でも、Microsoft Visual C++ 2005 SP1再頒布可能パッケージを入れないと起動しなかったりします。

映像の遅延

オプションで表示タイミングの調整ができるため映像の遅延はそれほど問題にはなりません。しかし、極端に遅延があると操作に違和感が出てくるでしょう。

  • モニターやテレビの設定を変える
    モニターやテレビの機種によっては設定項目に遅延を減らすモードがあります。メーカーによって呼称は違いますが、「ゲームダイレクト」「ゲームモード」「インスタントモード」などと書いてあるはずです。
  • AVアンプを通してテレビに接続しない
    HDMI入力端子と出力端子を備えたAVアンプをPCとテレビの間に挟むように接続すると機種によっては遅延が発生します。
  • レンダリング前最大フレームを減らす
    グラフィックボードドライバーの設定でできるみたいです。
  • 遅延の少ないモニターを使う
    応答速度の早いゲーミングモニターや遅延が少ないと評判のテレビなどです。ブラウン管は液晶とは比べ物にならないほど低遅延(≒遅延なし)ですが、4:3のモニターに16:9の映像を黒帯で長時間表示すると焼きつきが生じます。
  • モニターのミラーリングをしない
    PCに接続した複数のモニターに同じ画面を表示する「表示画面を複製する」という機能があります。この機能を使っていると遅延が発生することがあるようなので、「Winキー+P」で拡張などに切り替えましょう。
    SnapCrab_画面の解像度_2015-9-5_20-58-32_No-00
  • 拡大処理をPC側にやらせる
    モニターの解像度が1920×1080でもIIDXの解像度は1280x720なので拡大処理が必要です。デスクトップPCは多くの場合、拡大処理をモニター側で行っています。しかし、これが遅延の原因になるようです。そこで、拡大処理をPCのグラフィックボード側で行うようにすると遅延が減るようです。また、これによって一部のテレビの「拡大処理を省いて遅延を減らす」モードでも全画面でIIDXができます。
    NVIDIAのグラフィックボードはドライバーの設定でできましたが、他はわかりません。グラフィックボードのドライバーの設定で出来ない場合も方法は一応あるみたいです。参考リンク→REGZAでのCS・PC音ゲー遅延メモ – 工作 | みーにあ
  • モニターのネイティブなリフレッシュレートで出力する
    ↑と似たような内容になるのですが、120Hzのゲーミングモニターの多くはリフレッシュレート60Hzの入力を表示する場合120Hzに変換する必要があり、その過程で遅延が発生します。レジストリを書き換えて(詳しくはForceRefreshRateで検索)、フルスクリーン時でも120Hzになるようにすると、遅延が0.5フレーム程減るとされています。144Hzなどの60Hzの整数倍でない場合、ティアリングやコマ落ちなどの問題が発生するのでこの方法は有効ではないかもしれません。

さいごに(日記)

実はこの記事を書き始めた時、私はまだbeatmania IIDX INFINITASをプレイしていませんでした

PS2版最後のbeatmania IIDXが発売されてからもうすぐ6年、もう出ないと誰もが信じきっていた家庭用最新作がPCで!

それは水曜日の7時半くらい。ラーメン食いながらTwitterを見てたら、ある画像が流れてきたのです。個人宅に設置されたbeatmania IIDX筐体で見覚えのないバージョンが稼働しています。そう、IIDX INFINITASです。

一体、このINFINITASとは何なのか、ファンメイド作品なのか?と思いつつTwitterを遡ります(いや真っ先にWeb検索しろよ)。そうすると、「PC版弐寺」というワードが視界に入ってきたのです。

え???

アーケードで大人気の”beatmania IIDX”がPCで新登場!

正式版は、家庭用で未収録の”beatmania IIDX17 SIRIUS”以降の楽曲や人気の楽曲を順次配信!PC版オリジナル要素も搭載!新たなステージでビートを刻め!!

beatmania IIDX INFINITAS公式サイトより

予想外!このタイミングで家庭用新作が出るなんて!しかも家庭用ゲーム機ではなくWindows PCで!

家庭用版がWindows向けにっていうのはIIDXのハードウェアに興味のあるファンの皆さんなら一度は妄想したことがあるでしょう。アーケード版は組み込みシステム向けWindows上で動いているので、アーケード版のプログラムのコードの大部分が流用できることが予想できるというわけです。移植性で言えばXboxもなかなかよね。DirectXだし。

アルファテストのことを知った時はすごく興奮しました!しかし、アルファテストは20時までであと数十分しか無いではありませんか。それでもインストーラー(2GB)のダウンロードを始めました。ダウンロードを始めたのは19:50です。当然、ダウンロードが終わることはなく、それどころかダウンロードが終わったのは開始から5時間後でした。

仕方が無いのでYouTubeやニコニコ動画で動画を漁ったり、インストールしてもどうしようもないのにインストールしてインストール先フォルダを覗いたり。

色々見てみると第一回のアルファテストということもあってか、問題は沢山あるようですね。PCという何千何万通り以上もパーツやソフトウェアの組み合わせがある中で環境にとても左右されやすい音ゲーをするのですからある程度は仕方ないものなんでしょうけど。こういう場面でBMSを引き合いに出すのはあまり好きじゃないのですが、劣化BMSと呼ばれないように頑張ってもらいたいところです。

~それからしばらくして~

第二回アルファテストが実施されました。第二回アルファテストは第一回と違って抽選制で、期間は1週間と第一回より長くなっていました。無事当選したので沢山遊びました。そこでわかったことは、リフレッシュレートの違いによる音ズレは大体改善したということです。

~そして12月~

なんかいきなりサービス開始した。月額1600円だが躊躇いもなく加入。タルコンガでプレイしたりした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。